保障対象外項目(免責)って何?

保障対象外項目(免責)って何?

動物病院で支払った費用なのに、
保障対象外(免責)だと言われて、給付金がもらえなかった・・・。

 

こんな経験をされた方も、いらっしゃるのではないでしょうか?(+_+)

 

実は、動物病院でうけた医療でも、
給付金が支払われるものと、支払われないものがあるんですね。
この支払われないものが、保障対象外(免責)にあたります。

 

免責って、普段はあまり聞きなれない言葉ですよね。

 

なんだか難しい言葉ですが、
その字のとおり、責任を免(まぬが)れるということです。

 

たとえ動物病院で支払った費用であっても、
ペットの予防医療など、ある一定の項目について、
保障対象外(免責)として、給付をしないという規定があるんですね。

 

ペット保険のパンフレットやHPなどにも、
この免責項目について、細かく記載がされていますが、

 

免責について簡単に説明をすると、

 

「病気やケガでの治療にかかった費用は保障します。
ただし、健康なペットが、病気予防などのために医療を受けた場合や、
家庭でのお手入れ用品購入などについての費用に対しては、
給付金はお支払いはしませんよ!」

 

・・・と言っているわけですね。

 

ペット保険の保障の対象となるのは、病気やケガでの治療ということです。

 

このことがわかっていれば、
給付金がもらえるもの、もらえないものの区別が
なんとなく、つくのではないでしょうか?

 

パンフレットや契約書の裏などに書かれている、
免責についての注意書きは、本当にとても小さな字で書かれています。

 

あまりに細かすぎて、もしかして読む気にもならないかもしれません?
それでも、知っておかなければいけない、とても重要な項目です。

 

ペット保険に加入する前には、必ず目を通して、
保障される項目、されない項目の確認は必ずしておきましょう!

 

 

■免責となっている保障対象外項目とは?

 

 ●健康診断や病気予防の注射や薬
  (狂犬病予防、ワクチン、フィラリア予防薬、ノミ・ダニ予防薬など)

 

 ●健康体に予防的に施す処置や美容整形
  (爪きり、耳掃除、肛門線処置、断耳、断尾など)

 

 ●歯垢・歯石取り、乳歯遺残、不正咬合による歯切り処置

 

 ●去勢・避妊手術およびそれらに起因する症状の治療、停留睾丸での去勢手術

 

 ●正常な妊娠・出産、早産、流産および人工流産、産後の体調不良、
  2回目以降の帝王切開、加入時にすでに妊娠している場合の帝王切開、
  ブルドッグの帝王切開

 

 ●臍ヘルニア、鼠径ヘルニア

 

 ●フード、サプリメント、健康食品、シャンプー、イヤークリーナーなどのお持ち帰り品

 

 ●時間外費用、往診療、診断書作成料、ペットホテル、カウンセリング など

 

その他にも、

 

 ・予防ができるにもかかわらず予防を怠ったためにかかった病気
 ・契約以前からペットに生じている病気やケガ
 ・先天性のもの

 

など、保障対象外となっている項目が多数あります。

 

ここにあげているのは、どこのペット保険でもほぼ共通している事項ですが、
それぞれに細かい規定がありますので、
詳しくは各社のパンフレットやHPなどをご覧になってくださいね。

 

 

≪スポンサードリンク≫