ペット保険の加入条件は?

ペット保険の加入条件は?

ペット保険の加入するには、いくつかの基本的な条件があります。

 

主な加入の条件となっているのは、以下の3つです。

 

●1年以内にワクチン接種していること
   (犬は狂犬病と5種以上の混合ワクチン、猫は3種以上の混合ワクチン)

 

●健康体であること

 

●販売用の動物、または介護・介助以外の業務に従事する動物ではないこと
   (興行用、闘争犬、賭犬、猟犬などは不可)

 

簡単に言えば、

「家庭で飼われているペットが、健康で、なおかつ病気予防がされていること」・・・ですね。

 

これらの条件が満たされていれば、ペット保険の加入は、ほぼ大丈夫でしょう。
(※盲導犬・聴導犬などの介助犬も加入できます)

 

 

また、上の3つに加えて、
●過去半年以内に特定疾病に罹患(りかん)していないこと
・・・という、加入条件をあげているところがあります。

 

(※罹患(りかん)とは、「病気にかかること」を意味します。)

 

 

この「特定疾病」とは、以下の病気を指します。

犬・猫 心不全、腎不全、糖尿病、フィラリア症、悪性腫瘍、重度の外耳炎、猫エイズウィルス感染症、猫白血病ウィルス感染症、神経疾患、ヘモバルトネラ症、バベシア症など
フェレット・うさぎ・鳥 心不全、腎不全、糖尿病、フィラリア症、悪性腫瘍、重度の外耳炎、神経疾患など

 

ペット保険に加入するには、ペットが「健康」であることが大前提ですが・・・

 

もし現在、治療中の病気やケガがある場合、
その治療に対して保障対象外(免責)としたり、保険料が割り増しになるなどの
条件付きで加入できることもあります。

 

ペット保険各社それぞれ、基準が異なりますので、
気になる場合は、直接、問い合わせてみるのがいいでしょう。

 

 

≪スポンサードリンク≫