損害賠償責任特約って入っておいた方がいいの?

損害賠償責任特約って入っておいた方がいいの?

「うちの子はおとなしいから大丈夫♪」

・・・なんて、安易に考えてはいませんか?

 

損害賠償責任特約とは、飼い犬が、噛みつく、飛びつくなどして、通行人にケガをさせたり、他人の所有物を壊してしまった場合に、負ってしまった法律上の賠償責任を補償するための保険です。

 

うちの子が咬んだり飛びついたりして、人様をケガさせる?そんなこと、あるわけないでしょう?

 

・・・って思われますか?

 

いえ、そんなことはありません。
危険要因はあちこちに、どこにでも潜んでいるんです。

 

もしかしたら、あなたが気づいてないだけかもしれません。(゚∀゚〃)

 

小型犬でも油断しないで!!

小型犬の飼い主さんにとって、自分の犬が、人を噛んだり、

飛びついてケガをさせる・・・なんて、少し想像しにくいかもしれませんね。

 

でも、油断は禁物です。

 

私の知り合いに、ポメラニアンを飼っている方がいるのですが、その犬が人を噛んでしまったんです。

 

噛まれた人は、その犬をいつも可愛がってくれていた近所の人。
楽しく遊んでいたところ、何かの拍子に、急に手をガブリと噛まれたそうです。(+_+)

 

あまりに一瞬のできごとで、飼い主さんも驚かれていました。

 

そのポメラニアンは、やや気分屋で、多少気性の荒いところもあったのですが、
人に対して従順な犬だったので、飼い主さんも完全に油断していたそうです。

 

どんなに人に慣れたおとなしい犬でも、なにか危険を感じたり、
パニックになった時には、人を噛む可能性もあるということを知っておきたいです。

 

犬の噛みつきだけが事故じゃない!!

犬による事故で、過去にこんな事例があるのをご存知ですか?

 

 ・散歩中に犬がワン!と一声。
  そばにいたお年寄りが驚いて転倒、骨折をした

 

 ・犬が道路に飛び出し、避けようとしたオートバイが転倒。
  ドライバーがケガをした

 

犬のしつけが悪いと言ったらそれまでですが、
それにしても、とても他人ごととは思えない出来事ですよね!?

 

お散歩中は、飼い主だってなにかと忙しい!?

お散歩の途中、お友達とのおしゃべりに夢中になっていて、
気がついたらリードがゆるくなっていた。・・・なんて経験、あなたにはありませんか?

 

そんなとき、たまたま手にお菓子をもった子供が、
愛犬のそばを通りかかったとしたら・・・
あなたの愛犬は、あなたのそばでじっとしていられるでしょうか?(゚∀゚〃)

 

お菓子ほしさに、その子に飛びついて転倒させてしまう・・・
そんな事故も考えられなくはありません。

 

また同じような状況で、猫が横切ったら?

 

まだ若くて、好奇心旺盛な犬の場合、リードを振り切って
一目散に猫を追いかけてしまうかもしれません・・・。
(わが家の愛犬が、まさにそんな感じで、危なっかしいです・・・。)

 

こんな時、もし犬の制御がきかなければ、
車やバイクをまきこむ、悲しい事故に発展しかねません。

 

事故を防ぐためにも、犬の散歩をするときは、
周りの状況によく気を配るというのは、飼い主として当然のことです。

 

と同時に、愛犬の行動をコントロールできるように、
日ごろから、しっかり犬のしつけをしていくことも大事なことですね。

 

損害賠償責任特約があると安心!

なにごとにも、充分に気をつけながら行動することが大切ですが、
実際には、予測できないトラブルも多いのです。(+_+)

 

万が一、愛犬が原因で、トラブルが起きてしまった時、
巻き込んでしまった相手の方に、精一杯の償いをするためにも、
損害賠償責任特約に加入しておくのが、安心ではないでしょうか。

 

 

≪スポンサードリンク≫