ペットの医療費がなぜこんなに高いか知っていますか?

ペットの医療費がなぜこんなに高いか知っていますか?

ペットの医療費が思った以上に高くて、驚いたことはありませんか?

 

「ペットの治療費って、どのくらいかかるんだろう・・・?」

「お金をもう少し、多めにもってくればよかった・・・」

 

動物病院で精算を待ちながら、こんなことを考えて、ドキドキしたことはありませんか。

 

治療の内容にもよりますが、ペットの治療費は、1回の通院で、数千円くらいは簡単にかかってしまいます。

 

動物病院での治療費が、いったいどのくらいかかるのか検討もつかず、
お財布の中身が気になって、ソワソワすることがあるかもしれませんね。

 

人の医療費なら、もっと安いのに・・・。
ペットの医療費だけ、どうしてこんなに高いのでしょう?

 

ペットの治療費が高いのにはワケがあります

私たち人の場合、医療費がそんなに高いと感じないのは、
公的な健康保険制度があるからです。

 

私たちは、風邪をひいたり、どこか具合が悪くなったときなど、
病院で気軽に診察をうけることができますよね。

 

それは、医療費が3割負担でOKの、
公的な健康保険制度があるおかげなのではないでしょうか?(^.^)

 

しかし、ペットの場合、人のような保険制度がありません。
その医療費は、全額自己負担となってしまうのです。

 

ペットが、重い病気で手術をしたり、
事故にあって、ひどい怪我を負ってしまった場合など、

 

「家計を圧迫するほどの多額な医療費がかかって、やりくりが大変!」
・・・なんていう話を聞くことがよくあるのではないでしょうか?

 

これもやはりペットに保険がきかないことが大きいのです。

 

ペットも、私たちにとって大事な家族の一員ですから
もしものときには、十分な治療をうけさせてあげたいと思うのが当然です。

 

でも、そのための十分なお金が手元になければ、
治療を途中で中断せざるをえない・・・ということもありえるのです。

 

そんな、もしものときのペットの医療保障として、
今じわじわと人気が高まってきているのが、ペット保険です。

 

ペット保険に加入していれば、
かかった医療費のうち、規定の額が給付金として戻ってきますので、
経済的な負担を大幅に軽減することができるでしょう。

 

 

動物病院の窓口で給付金がもどってくる??

その場で、即日精算してもらえるペット保険があるのをご存知ですか?

 

まさしく、人の健康保険と同じようなシステムとなっており、
動物病院の窓口で給付金分を差し引いて精算されるので、自己負担分だけ払えばよいという、とても便利な仕組みです。

 

これなら、「お金が足りないかも・・・」なんていう余計な心配は、もういりませんね!

 

 

≪スポンサードリンク≫