ペットが誤飲・誤食!その治療費は保障対象になる?

ペットが誤飲・誤食!その治療費は保障対象になる?

あなたのペットが、もし誤飲・誤食をしてしまったら、
その治療費は、ペット保険の補償対象となるのでしょうか?

 

元気な子犬や子猫たちであれば、
ちょこまかと動くもの、初めて目にするものなど、何にでも興味を示して口に入れますよね。

 

また、子犬や子猫に限らずとも、遊んでいるうちに、
運悪く、食べもの以外のものを飲み込んでしまうことがあるでしょう。(+_+)

 

誤って飲み込んでしまった異物を、
ペットが自ら吐き出したり、自然と排泄されればいいのですが・・・・

 

それがおもちゃのカケラだったり、薬品などの危険なものであるなら、
すぐにでも、動物病院で手当てを受ける必要が出てくると思います。

 

このような誤飲・誤食の事故がおきてしまったとき、
その治療費が、ペット保険の給付対象となるかどうか、知っておかなければいけません。

 

誤飲・誤食は、補償対象になるか?

ペット保険の約款や重要事項説明書を見ると、多くの場合、
誤飲・誤食が保障対象なのかどうか、はっきり記されていないというのが現状です。

 

しかし、誤飲・誤食にあたるであろう項目を探していくと、

 

・「契約者・家族などによる故意・重大な過失が原因の傷病は保障対象外」
・「不慮の事故による傷病は保障対象」

 

という相反する2つのものが見つかります。

 

つまり、飼い主の過失とみなされ保障対象外となってしまう、
または、不慮の事故なのだから保障対象として給付される、

 

この両方の可能性があるということなのです。

 

これらの相反する2つの規約を、どうとらえてよいのかわからず、
なんだか混乱してしまいそうですよね。(+_+)

 

また、人によっては、解釈が大きく異なることもあるでしょう。

 

このあいまいな誤飲・誤食に対しての保障について、
ペット保険・共済側はどう考えているのか、メールで問い合わせをしてみました。

 

 

ペット保険・共済側はどう考えているのか?

誤飲・誤食による治療費が、保障対象となるのか?

 

・完全に家族・飼い主の過失だとして保障対象外とする
・事故が起きた状況によって、保障額が減額されて支払われる

 

など、その対応はさまざまなようです。

 

誤飲・誤食をOKとしていても、
やはり、請求をしてみないとわからない部分・・・なのではないでしょうか。

 

何より、悲しい事故を起こさないために
ペットの安全のためにも、誤飲・誤食しない環境作りをすることが大事ですね。

 

まずは、ペットの行動範囲に危険なものがないかをチェックして
その可能性があるものを、できるだけ取り除いてあげてくださいね。(^.^)

 

 

≪スポンサードリンク≫